6年半経過しました

左上6番目の治療
虫歯を取り除いている最中に、神経が露出しました。
神経に直接クスリを塗り、
その後ダイレクトボンディングで治療しました。(健康保険外の治療です)

その後6年半経過しました。
今のところ順調に経過しています。
良かった、良かった。(^^♪

初診時
矢印の歯が虫歯
虫歯を取っていくと。。
器具でボロボロと削り取れます
虫歯は中の方で大きく広がっていました。
虫歯を取っている最中に、神経が露出してきました
矢印のところ
虫歯をキレイニ取って、
神経の部分も消毒しました。
神経に直接、炎症を抑えるクスリを塗ります。
隣の歯との境の部分にレジンを詰めていきます。
次いで、咬む面にレジンで詰めていきます。
治療終了時

それから6年半経過

拡大

嬉しいことに、
6年半経過しても、
神経の症状もなく、
ダイレクトボンディングで治したレジンの部分も異常なく、
新しい虫歯もありません。
患者さんも頑張って、
定期的にクリーニングに通ってきてくれています。

今までは、虫歯の治療中に神経が出たら、
ほぼ神経を取るの一択たっだのが、
神経を残すことも出来るようになってきました。
全てがこの様な経過をたどるとは限りませんが、
この患者さんでは、今のところ順調に経過しています。(^^♪

また、
ある程度の期間を経過した
ダイレクトボンディングで治療した症例が、段々出てきました。
これから、少しづつUPしてこうと思います。

治療の動画を見ていると、
マイクロスコープの使い方も、
治療中の動画の撮影の仕方も、
当時と比べて大分上達している感じがします。

カテゴリー: 未分類 | 6年半経過しました はコメントを受け付けていません

金歯の下も虫歯になります その2

右上の奥歯
金歯の部分冠が被っています。

金歯で治したから大丈夫、
と思っている方が、結構いますが
金歯の下も虫歯になります。

油断は禁物です。よ
定期的な検査、クリーニングが大事になります。

自由診療になります。
ダイレクトボンディング ¥50,000税

右上前から6番目
咬む面に小さな金歯を被せて治療してあります
拡大
更に拡大
縁の部分の適合に問題ありそうです
角度を変えて
適合はあまりよくないです
外してみると
黒く虫歯になっています
虫歯を削り取っていきます
虫歯を取り除いて、
レジンを詰めれるように整えます
エナメル質を酸処理して、
接着剤を塗り
少しづつレジンを詰めていきます
更に詰めていきます
詰め終わりました
かみ合わせをチェックして
磨いて
治療おしまいです
治療前
治療後
カテゴリー: 未分類 | 金歯の下も虫歯になります その2 はコメントを受け付けていません

金歯の下も虫歯になります

右下の奥歯
金歯の部分冠が被っています。

金歯で治したから大丈夫、
と思っている方が、結構いますが
金歯の下も虫歯になります。

油断は禁物です。よ
定期的な検査、クリーニングが大事になります。

右下奥歯 6番目の歯
ラバーダムをしています
拡大
更に拡大
中のほうが色が少し黒ずんでいます。
歯の縁も欠けて、金歯との境に隙間が出来ています
金歯を外した直後
黒くなって、虫歯がかなり広がっています
歯の部分は触らないように、金属だけ削り取ります
まだ虫歯残っています
虫歯は神経に到達しています。
そして神経の治療へ。。。。。



カテゴリー: 未分類 | 金歯の下も虫歯になります はコメントを受け付けていません

右上4・5番目の歯の極小サイズのダイレクトボンディング

右上4番目・5番目の歯の間のダイレクトボンディング
虫歯を極力小さく削り取って、治療しています。
自由診療になります(¥80,000 tax)

矢印のところに虫歯
前から4番目、5番目の間
拡大
更に拡大
別角度
うっすら黒くなっているところが虫歯です。
虫歯が結構中のほうまで進んでいそうです。
歯の間を少し広げて、まずは4番目の歯歯の虫歯の部分を削っていきます。
小さく、小さく。。。。
まだ黒いです
虫歯を取り除きました
続いて、5番目の歯の虫歯を削り取っていきます。
こちらも小さく、小さく。
虫歯を削り取りました。
歯の間を広げているので、大きく削っているように見えますが。。。
頬側の方から見ると、
削った部位は見えません。
極力小さく削り取ってます。
入口を小さく削って、中の方をに虫歯が広がっている虫歯を削り取っていきます
4番目の歯
5番目の歯も、中の方の虫歯を削っていきます。
4番目の歯から、
酸処理して、接着剤を塗って、
レジンを詰めます。
5番目の歯も、
酸処理して、接着剤を塗って、
レジンを詰めます
横から見て、レジンがきちんと詰められているか確認します。
歯の間を広げる器具を外して、
歯と歯の間に隙間がないか確認して、
ラバーダムを外して、咬み合わせを確認して
完成。
術前
術後

この様な部位は、虫歯を削り取った後、型を採って、
部分的な差し歯(健康保険であれば銀歯、
健康保険外であればセラミックスの小さい差し歯)
で治療する方法が、一般的です。
歯を極力残して治療したい方は、
この様な治療法もあります。

カテゴリー: 未分類 | 右上4・5番目の歯の極小サイズのダイレクトボンディング はコメントを受け付けていません

ダイナミック印象で作った総入れ歯

ダイナミック印象で作った総入れ歯

歯を並べるところまで、自分で作っています。
入れ歯は入れ歯専門の先生に作ってもらうことをお薦めしますョ。。。。。

カテゴリー: 未分類 | ダイナミック印象で作った総入れ歯 はコメントを受け付けていません

下顎右側4番目 舌側方向からの極小サイズの虫歯治療

下顎右側4番目 歯の間に虫歯があります。
この部位に、この程度の大きさの虫歯があれば
通常型を採って、部分的に被せます。
部位的に、ナカナカ見つけることもできませんが、
見つかった時には、かなり大きな虫歯なことが多いです。
(健康保険の治療、健康保険外の治療にかかわらず。。。)

極力、健全な歯を残して治療をしていきたいので、
歯の舌側方向からピンポイントで虫歯を治していきました。
自由診療になります。¥60,000税別

全ての治療工程を、マイクロスコープで拡大しながら
鏡に映った鏡像を見ながらの治療になります。
(ミラーテクニックを使います)
実際の見え方の写真なので、前後も左右も逆になります。
(実際は前後左右だけでなく、上下も手前や奥も全て逆になります。
写真では再現できませんが。。。)

右下奥歯咬む面から
拡大 矢印の部分
この状態では見えません
舌側から見たところ
歯茎に近いところの
歯の間の矢印の部分が虫歯です
治療時の口の中
この状態で虫歯だけ、ピンポイントで削っていきます
チョット削った所
青い部分が虫歯です
要するに、全部虫歯
この様にピンポイントで削っていきます
見ながら削る
ミラーテクニックをマスターしていれば、
通常見ること、削ることが出来ないようなことができます。
虫歯を取り除いた後
ピンポイントで削り取ります
健全な部位は極力残します
レジンを詰めた後
舌側から
上から
治療前
治療後

極力、歯を残して虫歯を治したい方は、
この様な治療法もあります。

そして、このような治療をするには
マイクロスコープで、
鏡を使いながらの治療(ミラーテクニック)が
必須になります。


カテゴリー: 未分類 | 下顎右側4番目 舌側方向からの極小サイズの虫歯治療 はコメントを受け付けていません

治療の前の前処置が大事になります

左上の3番目 糸切り歯 
裏側の歯茎の付け根に虫歯があります。
虫歯があるからといって、すぐに治療するのではなく、
虫歯の全体像がきちんと見えるようにしてから治療することが大切です。

キチンとした治療をするためには、
そのための準備、
前処置がとても大事になってきます。
(健康保険の治療では、このあたりの前処置は省略されます。。。。
残念ながら。。。。。。)

左上3番目 糸切り歯を舌側から見たところ
拡大
更に拡大
黒いところが虫歯です。
虫歯の縁が歯茎の下に潜っていて、全体が見えません。
更に治療しにくい、直接見ることが出来ない部位に虫歯があります。
全てミラー観での処置になります。
歯茎の縁に糸を入れ込み、歯茎の位置を少し移動させます。
歯肉圧排といいます。
こうすることで虫歯の全体像が見えてきます。
更にラバーダムをします。
こうすることで、更に虫歯がクリアーに見えてきます。
またラバーダムをすることで、
歯茎からの浸出液や、口の中の唾液等の水分、呼吸の湿気等、
レジンを充填するときの接着剤の阻害因子を取り除くことができます。
綺麗に虫歯取れました。
ここからレジンを充填します。
この状態で初めて、レジンもきちんと充填することができます。
虫歯があるからすぐ削って詰めるというのは、チョット問題アルかな。。。。。
カテゴリー: 未分類 | 治療の前の前処置が大事になります はコメントを受け付けていません

極小サイズの虫歯治療 続き その3 ダイレクトボンディング

以前にあげたダイレクトボンディングの治療の一部を動画編集しました。
左下6番目の咬合面の治療です。(前回は6番目と7番目の間です。)
虫歯を極力小さく削り取ってのダイレクトボンディングです。
自由診療になります。

左下6番目の咬合面、手前と後ろの歯の虫歯治療です。
術前、術直後、1年4か月後

治療前

治療後
1年4か月後

1年4か月後
今のところ、欠けたりせずに順調に経過しています。
患者さんも、定期的にクリーニングに来院して、
口腔内をキレイニしてくれています。

カテゴリー: 未分類 | 極小サイズの虫歯治療 続き その3 ダイレクトボンディング はコメントを受け付けていません

消毒コーナー改修工事

昨日、1日かけて、消毒コーナーの改修工事をしました。
診療室の改修工事をして10年チョット経ち、
時代も、環境も、使う道具も変わり、
変化に対応するためにも、
特に去年からは、コロナも感染拡大してきたため。。。。。

今まで通りで消毒・殺菌出来ないことはないけれど、
時代に即した消毒・滅菌するために、
今までの消毒コーナーではなく、新たにいろいろな変化に対応できるようにしました。

新しく新しく滅菌機も、もう一台導入していく予定です。
コロナに対しても、これまで以上に感染に気を付けて診療をしていきます。

中身は、これからキレイニ整えていきます。

カテゴリー: 未分類 | 消毒コーナー改修工事 はコメントを受け付けていません

極小サイズの虫歯治療 続き その2 ダイレクトボンディング

以前にあげたダイレクトボンディングの治療の一部を動画編集しました。
左下6番目と7番目の歯の間の治療です。(前回は5番目と6番目の間です。)
虫歯を極力小さく削り取ってのダイレクトボンディングです。
自由診療になります。

カテゴリー: 未分類 | 極小サイズの虫歯治療 続き その2 ダイレクトボンディング はコメントを受け付けていません