右上奥歯ダイレクトボンディング 右上5-6

右上5番目と6番目のダイレクトボンディング
5番目は、6番目との間の部分
6番目は銀歯の下が虫歯です。

5番目は、極力虫歯の部分だけ削り取り、
6番目は、銀歯の入っていた部分より、極力大きくならないように削り取っています。
自由診療の治療になります。(5・6合わせて¥132,000税別です)

術前

銀歯の下とその手前の部分が虫歯です。
この状態からは分かりませんが。。。。
拡大
銀歯を外すと、
5番目との歯の間が黒くなっていてます
手前の5番目のところも黒くなっています
まずは5番目の虫歯から
ピンポイントで虫歯を削り取ります
中の方をえぐるように虫歯を取り除きます
銀歯の入っていた部分も虫歯を取り除いて、
レジンを詰められるように、キレイニ整えます。
5番目は咬む面からみると、咬む面は、ほとんど削っていないのが分かると思います。
5番目から
エナメル質だけ酸処理して
レジンを詰めていきます
咬む面から見たところ
6番目の歯
エナメル質だけ酸処理して
詰め終わった所
レジンが段差詰められているか、隣の歯との接触もしっかりできているか等
裏側から確認
外側からも、同じように確認
ラバーダムを外して、
かみ合わせを確認して、研磨して終了
裏側から見たところ
外側から見たところ

この治療は、全ての工程が、鏡に映った歯を見ながらの治療になります。
そして、通常、技工士さんが模型を手に持ちながら、
色々な角度から見ながら、歯を作っていく作業を
歯医者が、口の中で直接、歯に対して行います。
だから、技術的に難しい治療になります。

上手く治療出来れば、歯を削る量を、圧倒的に少なくすることもできます。
逆に、上手く出来なければ、虫歯になる原因、歯をダメにする原因にもなりえます。

上手く出来るように、マイクロスコープを使って、
使う道具・器具、材料も
この治療に最適なものを使って、(自分ではそう思ってます。。。)
精密に、丁寧に、時間をかけて治療してます。
必然的に健康保険では出来ない治療(赤字になります)になります。。。。。。

治療代は決して安くはありませんが、
歯を極力残しながらの治療を希望する方は、
この様な治療法(ダイレクトボンディング)もあります。


カテゴリー: 未分類 | 右上奥歯ダイレクトボンディング 右上5-6 はコメントを受け付けていません

6歳臼歯 前から6番目 第1大臼歯

6歳臼歯 咬む面に虫歯があります。
ダイレクトボンディングで治しました。(右下第1大臼歯 右下6)

患者さんは、まだ全ての永久歯が生えそろっていない子供ですが、
こういう虫歯こそ、ダイレクトボンディングが最適応ではないかと思います。

小さい虫歯(この患者さんは、それほど小さい虫歯ではありませんが。。。。)
で健康保険のレジン充填で治療すれば、
治療代は無料ですが。。。。。

この子の先の長い人生を考えると、一番最初にする治療こそ、
最も大事で、きちんとした治療をすべきだと思います。

健康保険の治療ではないので、治療代はかかります。(¥55,000)
しかしきちんとした治療をすることで、
6歳臼歯を末長く持たせる可能性が高まります。
(この歯は(第1大臼歯)奥歯のカギになる歯で、最も大事な歯の一つです)
(この後の手入れ次第で、長持ち具合も変わりますが。。。。)

右下6番目 咬む面に虫歯があります
虫歯を削っていきます。青く染まっているところは虫歯です。

虫歯を取り除いたところ。
虫歯以外の歯は、極力残しています。
(このように綺麗な歯の部分を残すことも大事です)
定規を当ててます
ひと目盛 1mm です。
大きく見えると思いますが、実際はかなり小さく削っています。
深いところで 4㎜ 位あります。
この年齢の子供で、この深さの虫歯は、かなり深いです。
接着剤の接着力を高めるために、エナメル質を酸処理してます。
コンポジットレジンを詰め終わり、研磨した後
ラバーダムを外して、かみ合わせをチェックして終了
カテゴリー: 未分類 | 6歳臼歯 前から6番目 第1大臼歯 はコメントを受け付けていません

5年経過の部分入れ歯

作ってから5年経過の部分の入れ歯です。
プラスチックの入れ歯ですが、問題なく使えています。


このプラスチックの入れ歯ですが、
実は健康保険外の入れ歯です。
健康保険の入れ歯ではありません。

表から見ても、違いは分かり難いかと思いますが、
裏から見ると、入れ歯の縁の形態が、
滑らかな曲線を描いているのが分かると思います。
また、裏の歯茎に接触する部分がピカピカして滑沢になっています。
(入れ歯の人は、自分の使っている入れ歯と見比べてみて下さい。。。。)

ピタッとしている入れ歯は、
裏側の外形は、全体的に滑らかな曲線を描いていて
歯茎に接触する部分は、ピカピカして滑沢な面になります。

健康保険外の入れ歯というのは、
金属を使っているからとは、全く関係なく
いかに歯茎に合う型の取り方をするか、
顎の動きに合ったかみ合わせを作るか等、
技術的な部分が最も大事になってきます。
そして健康保険外の入れ歯の金額は、
その技術に対する対価としての、金額になります。
金属だから高価という事ではありません。
(金属を使えば材料費としては高くなります)

粘膜という変形して、可動性の組織の上に乗っかって、
尚且つ上下でかみ合わせるものを作る、
入れ歯の治療は、かなり難しいです。

当たり前ですが、
入れ歯が入った口の中の状態を見ることが出来ないですから。。。。(´・ω・`)
見えないところを、治していく。。。。。

カテゴリー: 未分類 | 5年経過の部分入れ歯 はコメントを受け付けていません

「かむ力」は「生きる力」に。。。。。再掲

故 日野原重明 先生の記事です(朝日新聞 2004年 6月5日)
当院の歯科の方針は、まさしくこの記事に書いてあることです。
当時、新聞で、この記事を見つけてから
ずっと大切に保存しています。

まさしく
“食べることは、生きることです。”
虫歯が出来たから、治しましょう
歯周病だから治しましょうではなく、

”美味しく食事をするために、生きるために”

が歯科の治療の根底にあると思います。



カテゴリー: 未分類 | 「かむ力」は「生きる力」に。。。。。再掲 はコメントを受け付けていません

4年経過の部分入れ歯

作ってから4年経過した部分入れ歯です。

咬む面
裏側(粘膜面)

作ってから、ほぼ調整なしで4年間経過しました。
入れ歯もキレイニ使ってくれています。

4年間調整もなし、入れ歯を修理することもなしで経過出来るのは、
入れ歯をしっかり作ることも大事ですが、
患者さんが、歯や歯茎を、口の中をキレイニ保つことも大事です。

入れ歯のバネがかかっている歯が、
すぐにダメになるという話をよく聞きますが、
キチンと作れば、必ずしもダメになる訳ではありません。
(歯と歯茎の粘膜で、咬む力を負担するような印象方法、設計等をすることによって、
全体で咬む力を負担することができます。間違いなく咬む力を最も負担する歯なので、絶対大丈夫とは言い切れませんが。。。。)

咬めてる証拠として、
入れ歯の歯は、咬耗して、ピカピカになってきています。

入れ歯は作る先生の技術、考え方で出来上がりが全く違ってきます。
非常に専門性の高い治療になります。
入れ歯で食べられないなどの悩みのある方は、
入れ歯専門の先生に相談することをお薦めします。



カテゴリー: 未分類 | 4年経過の部分入れ歯 はコメントを受け付けていません

右下4番目 舌側からの虫歯治療 

右下4番目の虫歯。

虫歯の位置が舌側からの方が近かったので、
頬側から虫歯を削り取っていくよりも、
歯を削る量が圧倒的に少なく済むため、
あえて舌側から虫歯を治療しています。
(治療の難易度はかなりアップします)

全て鏡に映った像を見ながらの治療になります。
動画の見た目とは違い、
実際の手の動きは、上下、左右、前後、
とにかく全ての動きが逆になります。


虫歯はそれほど大きくはないですが、
慎重に、精密に行う必要があるので、
治療時間は1.5時間ほどかかります。
(むしろ、小さい治療程、精密に、丁寧に行う必要があるので、
普通の治療よりも時間は長くかかります。
大きく削る方が簡単ですし、治療時間も短いです)

技術も、道具も通常の治療とは違い、精密さも必要とするので
残念ながら健康保険の治療ではありません。(¥66,000)

歯を極力残しながらの治療を希望する方は、
この様な治療方法もあります。
(全ての虫歯でこの方法が来るわけではありません。
虫歯の場所、大きさ、歯の位置によって治療法は変わります。)

カテゴリー: 未分類 | 右下4番目 舌側からの虫歯治療  はコメントを受け付けていません

10年経過の入れ歯から分かる事

作ってから10年経過の入れ歯です。
バネの金属が折れてしまいました。
残念ながら作り替えです。

入れ歯専門としては、理想的な入れ歯とはいいがたいけれど、
健康保険の入れ歯なので、出来る範囲で頑張って作っています。

健康保険の入れ歯は、6か月経過すれば、新しく作れます。
つまりは、6か月しか保証されていないという事です。

それでも、かみ合わせ、設計、バネ、型どり等
をきちんとすれば、こうして長く使うことも可能です。
(ここまで長く使えるのは稀ですよ。。。。。)

でも、この入れ歯から本当に言いたいことは、
10年もの間、同じ入れ歯を使い続けることが出来るように、
常に口の中をキレイニしているという事です。
そして入れ歯も、使い古された感じはありますが、
決して汚いという状態ではなく、キレイニ手入れをしてあります。

歯周病で歯がダメになったり、
虫歯になったりして差し歯を作らなければならなかったり、
そういうことがなく、
口の中をキレイニしているからこそ、
入れ歯をキレイニ使っているからこそ
入れ歯を長く使うことができるのです。

つまりは、入れ歯でも、虫歯でも、歯周病でも
歯科の治療は、治療自体の質も当然大切ですが、
治療した後、
“いかに口の中をきれいな状態を保てるか”
これが大事になってきます。

治してお終いではなく、
治してからが、本当の治療の始まりです。

カテゴリー: 未分類 | 10年経過の入れ歯から分かる事 はコメントを受け付けていません

入れ歯は設計が大切

部分入れ歯
上顎と下顎の部分入れ歯
作り始める前にきちんと入れ歯の設計をきちんとして、

入れ歯の形、差し歯の形
バネを掛ける歯、どのようなタイプのバネにするか等を
あらかじめ、考えて作っていけば、、、、

糸切り歯(犬歯、3番目の歯)にバネがかかるような入れ歯でも、
バネがそこまで見えない入れ歯を作ることは可能ですよ。。。。。

バネもそこまで目立ちません

残念ながら、健康保険の入れ歯では、出来ません。
なぜなら、
入れ歯を作る前の、
入れ歯の形、バネのかかる歯の形、バネの種類等々、、

入れ歯を作る前に、
考えなければいけない入れ歯の設計、
この工程に対する保険点数がないので、
時間を掛けられません。

家を作るときに、建築士さんが
間取り、使う材質等々
シッカリ練り上げて、設計図を作ってから
工事に入るのと同じです。

入れ歯も、完成形をしっかりイメージできるようにしてから
作る必要があります。

金属だから良い入れ歯とか、
バネが見えない素材を使うから良いとか
全く関係ありません。
良い入れ歯は、入れ歯の設計がしっかりできてからの話になります。
(作る工程は、また別で、今度は技術的な問題が出てきますが。。。。
こちらは大工さん的な。。。。)

カテゴリー: 未分類 | 入れ歯は設計が大切 はコメントを受け付けていません

右上奥歯 7番目 ダイレクトボンディングの治療 

右上奥歯 ダイレクトボンディング ¥66,000
治療の動画です。

見た目よりも、中の方で虫歯が広がっています。
極力歯を残すように、内部の方にえぐって虫歯を取り除いています。
通常の回転切削器具では、大きく歯を削ってしまうので、
超音波の器具を使って、振動で虫歯を削ったりもしています。

極力歯を残す治療法です。
部分的な差し歯(銀、金、セラミック)に比べて、
歯を削らずに治療できます。
治療時間は長いです。約1.5時間

カテゴリー: 未分類 | 右上奥歯 7番目 ダイレクトボンディングの治療  はコメントを受け付けていません

動画 右下奥歯 歯茎の縁のダイレクトボンディング

右下6番目
遠心歯頚部のダイレクトボンディング(¥44,000)

6番目の奥側 歯茎の縁の部分の虫歯をダイレクトボンディングで治療しました。
動画です。
全ての工程が、ミラーに映っている歯を見ながらの治療になります。
直接は見ることは出来ない部位の治療になります。

動画では分かりませんが、上下、左右、前後全てが逆になります。
イメージとしては、洗面所で逆立ちしながら化粧する感じです。

ピンポイントで虫歯を取り除き、コンポジットレジンを詰めていきます。
歯を極力残しながらの治療の一例です。

カテゴリー: 未分類 | 動画 右下奥歯 歯茎の縁のダイレクトボンディング はコメントを受け付けていません