月別アーカイブ: 2015年6月

神経取った後でも

神経を取る治療の後は、ほとんどが金属の差し歯になってしまいます。 でも神経の治療をする前から、 詰めて治すことを考えて治療にあたれば、 必ずしも差し歯にする必要は無いんですよ。 なるべく歯を削らずに神経の治療をして、 悪 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

入れ歯の歯並び

入れ歯の歯の並び方で、 口もとの印象だけでなく、顔全体の印象も変わってくるし、 食べやすい、喋りやすい等すごく変わってきます。 ちょっとした違いで、入れ歯の出来が全く違ってきます。 作っている途中の入れ歯を左側の水色のラ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

最低限の。。。。。

すごく土手がなくなっている患者さん。 入れ歯の難易度としては、最高難度の人で、レントゲンだとこんな感じに見えます。 赤いラインが下顎の骨のライン。今の顎の位置。 元々黄色いラインくらいの位置に骨があったはず。(大体の予想 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

差し歯もね

ブリッジもこんな感じで治します。 色合わせして↓ 仮歯を入れて↓ 完成↓ 技工師さんが上手に作ってくれます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

入れ歯の粘膜面は。。。

入れ歯の裏側(粘膜l面)は当然のことながら、歯茎の粘膜に接触してます。 咬める入れ歯のもっとも重要な要素の1つとして、 入れ歯の粘膜面と歯茎の粘膜との密着度があげられます。 ただしこの密着度を上げるというのは、非常に難し … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

MI   Minimal Intervention

上の奥歯の奥の奥、歯の真後ろの部位(最遠心)と、咬む面(咬合面)に虫歯がります。 最遠心にある虫歯は、直接見ることはできません。鏡越しでないと、その存在すら分かりません。 実際に俯瞰した写真では、最遠心の虫歯は見えないで … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

現在の礎になった症例

現在の治療の礎になった患者さんの症例報告論文です。 そして補綴の専門医になるためのケースプレゼンテーションをし、口頭試問をクリアした症例でもあります。 当時、歯医者になって2年目、そして大学院の2年生で、歯科病院では臨床 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする