ダイレクトボンディング 右下奥歯の最奥の下側

右下奥歯の後ろ側の歯茎の付近の虫歯
ダイレクトボンディングで治療しました。

凄く厄介な部位の虫歯です。。。。
だから、この部位にレジンを詰めて治す先生は、ホントに稀です。。。。。
(10年前には技術的に出来ない治療の仕方だったなぁ。。。。。。)

直接見ることは出来ない部位なので、鏡に映して見ます。
実際の治療もこの鏡に映っている歯を見ながら治療します。
拡大
更に拡大
歯茎の縁に糸を入れ込んで、歯茎を少し下げた状態で虫歯を削り取っていきます。
通常の回転切削の器具では削ることが出来ないので、超音波の振動で削りとります。
咬む面から見ても、削り取った所は全く見えません
横から見るとこんな感じになってます
健康な歯の部分は削りません。
虫歯だけピンポイントで削り取ります。
エナメル質を酸処理して、接着剤の接着力を高めます
レジンを詰めた後
舌側から見たところ
歯茎に入れ込んだ糸を取り除いて。。。
舌側から見たところ

スゴク難しくて、手間のかかる治療ですが、
こうしてレジンを詰めることが出来れば、
健康な歯を極力残すことができます。
残念ながら、健康保険ではできません。。。。
(治療費¥50,000税別)

削って被せるだけが、虫歯の治療ではないです。
レジン詰めて治せるのであれば、歯をけずることを少なくできます。
(レジンを詰める治療も適応があるので、出来ない場合も当然ありますよ)

奥歯の奥に虫歯がある方は、このように治すこともできます。
削って被せる前に、御相談くださいネ。。。。。。( ◠‿◠ ) 。。。。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク