部分入れ歯の機能印象 アルタードキャストテクニック

部分入れ歯の機能印象
機能印象とは、
入れ歯入れて食べたときの歯茎粘膜の状態を再現した
型の取り方です。(健康保険外の作り方です)

簡単に言うと、入れ歯の裏側を
咬んだ時の歯茎の変形具合に合わせる型の取り方です。

上顎の入れ歯をアルタードキャストテクニックを使って型をとり、
入れ歯を作っていきました。

入れ歯のフレームまで作った状態です。
口の中に入れるとこんな感じ。
既にほぼ入れ歯の形にはなっています。
ここまで作るのにも、2回型どりしています。
模型から外した状態
裏側
主に咬んだ時に力がかかる
ピンク色になっているところを
再度型どりしていきます
まず左側
ピンク色の部分はワックスになっているで、
そのワックスを外します。
金属の部分が見えてきました。
ピンクのワックスをはがした部位に、
また別のワックスを盛り上げていきながら
実際入れ歯を噛んでもらい、
型を採ります。
次に右側
ピンク色のワックスを入れ歯からはがして
左と同じように、
ワックスで型どりします
アルタードキャストテクニックでの型どり

咬める入れ歯を作るには、
咬んだ時にピタッと適合する型の取り方が必要になります。
健康保険の作り方のような、
1回だけの型どりでは、なかなかピタッさせるのは
難しいです。
(噛んだ時の歯茎にピタッとさせるのは、
このように手間をかけても難しいですが。。。。)

アルタードキャストテクニック
以前のUPしたブログです

カテゴリー: 未分類 パーマリンク