右上6番目 ダイレクトボンディング 咬む面

右上6番目の歯 咬合面(咬む面)
ダイレクトボンディングで治療しました。
マイクロスコープを使っての自由診療(¥55,000)

咬む面に虫歯があります。
白・茶色くなっているところが虫歯です。
拡大
咬む面の後ろの方が虫歯です
写真の下の方
なるべく歯を残すように、
虫歯を削り取っていきます。
青いところは虫歯が残っているところです。
角度を変えて。
まだ虫歯が残っています。
虫歯を取り除いたところ
エナメル質のみ酸処理(エッチング)して
少しレジンを詰めて
もう少しレジンを詰めて
磨いて治療終了
拡大

見た目が小さい虫歯でも、虫歯は中の方で大きく広がっていることがあります。
小さい虫歯だからと油断していると、神経の治療が必要になってくることもあります。

小さい虫歯のうちに、キチンと治療していけば
自分の歯を長く持たせることにつながってきます。
また小さい虫歯であれば、レジンを詰めて治すこともできますし、
型を採る治療に比べると、歯を削る量も少なくて済みます。

マイクロスコープを使ってのダイレクトボンディングですが、
マイクロスコープを使えばキレイニ治せる、
予後が良くなるわけではありません。
(勿論、長持ちするように頑張って治療してます。。。( ◠‿◠ ) )

日頃からの歯ブラシ、定期的な歯科でのクリーニングが一番大切で、
最も効果のある治療だと思います。ョ。。。。。。。





カテゴリー: 未分類 パーマリンク