左上奥歯銀歯の虫歯をダイレクトボンディングで治療

左上奥歯 前から6番目
部分的な銀歯が被っていますが、
虫歯で銀歯入っている歯の縁が欠けて、
銀歯自体の適合も悪いです。
ダイレクトボンディングで治療しました。
自由診療です(¥71,500)

型を採って被せる治療に比較すると、
歯を削る量は圧倒的に少ないですが、
今回のダイレクトボンディングは、
虫歯が術前の予想よりも大きく、
長期的な予後は、
慎重に経過を追っていく必要ありそうです。


左上6番目の歯
銀歯が入ってます。
5番の歯との間が虫歯で欠けてます。
拡大
銀歯を外して、
中は虫歯で真っ黒です。
なるべく健全な歯を残しながら、
虫歯を削っていきます。
虫歯を取り終わった所。
予想した以上に虫歯が広がっていました。
エナメル質を酸処理して
まず歯間部をレジンで詰めていきます
少しづつレジンを詰めていきます
レジンを詰め終わった所
研磨して
ラバーダムを外して、かみ合わせの確認
術前
術後

ダイレクトボンディングは、
型を採って被せる(金、銀、セラミックス)治療に比べて、
歯を削る量は圧倒的に少なくて済みます。
しかし、
技工士さんが、
手に取って色々は方向から見て、
模型の上で行うような作業を、
歯医者が、
口の中で直接行うので、
歯医者の技量が出来栄えに、もろに反映します。。。。。
(頑張らなければ。。。。。。( ゚Д゚))

カテゴリー: 未分類 パーマリンク