練馬・桜台で歯科・歯医者をお探しなら

〒176-0002 東京都練馬区桜台4-4-5/西武池袋線「練馬駅」より徒歩3分

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:30~18:00 × ×

休診日:木曜・日曜・祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

03-3992-5316

当院の虫歯治療

痛みの少ない虫歯治療を実践

痛みが苦手で歯医者に行くのをためらっている患者さまを1人でも多く救いたい。当院ではそのために、なるべく痛みを感じさせない、痛みの少ない治療を行ってます。

治療中の痛みを軽減するために麻酔をかけますが、この麻酔注射自体が「痛い」とおっしゃる方も少なくありません。そこで私どもでは、麻酔注射の痛みが少なくなるよう、注射の打ち方を工夫しています。

表面麻酔

まず、麻酔注射の針が刺さる痛みを少なくするために、歯ぐきに貼るタイプの表面麻酔を使用。歯ぐきにあらかじめ麻酔がかかるので、注射を打ったときの痛みが軽減されます。

極細の針を使用

麻酔注射に使用している注射針は、日本で入手できるものの中で一番細い針です。針が細ければ細いほど、刺すときの痛みが少なくなるので、極細の針を採用しています。

麻酔液はゆっくりと注入

麻酔液を注入する際は、少しずつ時間をかけてゆっくりと行います。少量ずつゆっくりと注入していくと、お身体への刺激を減らせるため、痛みを感じにくくなるのです。また、骨の密度が少ないところに注射を打つことでも痛みをより感じにくくなりますので、針を刺す場所も考慮しています。麻酔液の注入速度を手動で調節するテクニックは、経験を積み重ねないと身につけるのが難しい技術です。当院の院長は長い経験により、痛みを感じにくい速度で麻酔液を注入することが可能です。

麻酔液の温度管理も

さらに、麻酔液の温度にも配慮しています。麻酔液と体温の間に温度差があると、刺激や痛みを感じやすくなります。そこで、麻酔液を体温と同じくらいまで温めてから使用することで、患者さまが感じる痛みを軽くできるよう努めているのです。

なるべく歯を削らない治療をご提供

歯は削れば削るほどもろくなってしまい、虫歯が再発しやすくなるのをご存じでしょうか。言い換えれば、歯を長持ちさせるためには、なるべく削らない方が良いのです。

そのため当院では、虫歯に侵されていない健康な歯の組織をなるべく削らず、虫歯の部分だけを削る「MI治療(ミニマルインターベンション)」に取り組んでいます。

マイクロスコープによる精密な処置

歯を削る際には、基本的に「マイクロスコープ」を使用。これは患部を拡大して見られる機器であり、より精密な処置ができるため、必要以上に歯を削り過ぎることがありません。歯科医院によっては、これらの機器を自費診療専用としているところもありますが、私どもでは必要と判断した場合には、保険診療の場合でも使用しています。

MI治療用の極細のバー

歯を削る際は、MI治療用の極細のバー(歯を削る器具)を使用して、少しずつ丁寧に歯を削るため、誤って歯を削り過ぎることがありません。

う蝕検知液

「歯のどの部分を削るべきか」の判断には、「う蝕検知液」を使用しています。これは虫歯に侵された部分だけを識別できるお薬で、虫歯の部分が明確化されるので、削るべき箇所だけを処置することが可能です。

このように削るべき場所をしっかりと把握し、必要なだけ削るのが、当院の虫歯治療です。患者さまの歯を少しでも長持ちさせるために、こうした工夫でなるべく削らない治療を行っています。

メリットの多いダイレクトボンディング治療

私どもでは「ダイレクトボンディング治療」をおススメしています。

保険のプラスチック製の詰め物を使った治療では、歯と詰め物の境目にズレが生じたり、角がギザギザになってしまったりするケースがあります。しかし当院のダイレクトボンディング治療なら、マイクロスコープを用いて歯の形を精密に再現していくため、ほとんどズレがなくキレイな形の歯を再現することが可能です。

また、金属の詰め物などで処置する場合、型どりを行うために歯を余計に削り過ぎてしまうことがあります。ダイレクトボンディングは、直接歯にプラスチックを盛る治療方法ですので、歯を削り過ぎる心配はありません。

ダイレクトボンディング治療は自費診療ではありますが、たくさんのメリットがある治療方法です。詳しくは歯科医師までお問合せください。

治療例はこちら
 ブログ(ダイレクトボンディングと入れ歯等について色々と) 
 治療動画

※ダイレクトボンディング治療は自費治療のため、1本44,000~88,000円(40,000~80,000円 税別)がかかります。

※マイクロスコープを使った治療は、歯科医師が必要ないと判断していた場合に、患者さま自ら使用を希望される場合には、44,000円(40,000円 税別)の費用がかかります。

治療名:ダイレクトボンディング治療
治療のリスクや副作用:金属のつめものと比較すると強度は劣ります, 長期の利用で変色する可能性があります。

治療名:顕微鏡歯科治療(虫歯)
治療のリスクや副作用:従来の虫歯治療よりも時間がかかります, 虫歯の状態によっては痛みを伴う場合があります, 治療時に出血を伴う可能性があります。マイクロスコープを使った治療だから、虫歯にならないわけではありません。

なるべく神経を取らない治療が可能

私どもでは、虫歯が進行してしまっている場合でも、なるべく神経を取らずに済むようにさまざまな工夫をしています。

ラバーダム防湿下での治療

虫歯の治療で重要なのは、いかに無菌状態を保てるかということです。無菌状態であれば、虫歯の再発や痛みなど、後々のトラブルを防ぎやすくなるからです。

そこで当院では、唾液が侵入しやすい奥歯の治療の際は、ほぼ必ず「ラバーダム防湿」を行っています。ラバーダム防湿とは、処置を行う歯以外の部分をゴムのシートで覆ってカバーする方法です。治療している部分に唾液などの体液が付着して、細菌感染を引き起こすリスクを防ぐだけでなく、歯や金属の削りカスなどがお口の中に入るのも防げるのが、ラバーダム防湿のメリットです。

MTAセメントの使用

当院ではラバーダムなどを用いて無菌化し、なるべく神経を残せるように最善を尽くしております。しかし、虫歯が深く大きくなると削る量がどうしても増えてしまうため、虫歯の部分を取り除いたと同時に、神経が露出して傷ついてしまうケースがあります。

神経が露出し傷ついてしまった場合は、抜髄(ばつずい)と呼ばれる神経を取る治療をせざるを得ません。ところが神経を取ってしまうと、歯がもろくなるだけでなく、その後の治療が大がかりになります。そうなると、治療にかかる時間や通院回数が多くなるだけでなく、治療費もかさんでしまいます。もしも歯の神経を残せれば、結果的に時間や金銭的な負担も軽くできるのです。

そこで私どもの歯科医院では、一般的には神経を取る判断をするような場合でも、ギリギリまで虫歯の部分を取り除いた上で、「MTAセメント」という薬剤を使って無菌化する治療を行い、神経を残せるように努めています。この方法なら、神経を取らなくて済む可能性が大きくなるほか、虫歯の部分が無菌化されるため、虫歯の再発防止効果も期待できます。また、神経を取らずに治療ができれば、治療中の痛みを軽くすることも可能です。

このように、なるべく神経を取らない治療をすることで、患者さまの歯ができるだけ長持ちするようにしています。

※MTA治療は自費治療のため、1本33,000円(30,000円 税別)の費用がかかります。

治療のリスクや副作用:まれに治療後に炎症が生じ、神経を抜く治療が必要になる場合もあります, 治療直後に歯がしみる可能性があります(次第に症状は軽減・消失します)。歯が変色することもあります。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

03-3992-5316

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~13:00
午後:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

03-3992-5316

〒176-0002
東京都練馬区桜台4-4-5
西武池袋線「練馬駅」より徒歩3分